適正性格判断(MBTI)

スタッフを採用するにあたって、SPIといいますか性格の傾向が分かるものをベトナム語でないかスタッフに探させました。

日本語のSPIを翻訳させるのも一苦労ですし、どこからか購入するのもお金がかかる。

それでMBTIというものを見つけ出してくれました。

世界で一番使用されているものだそうです。

 

15分程度、類似質問に答えていき、結果が出ます。

既存のスタッフに順番にやらせてみると、意外に大きくは外れていないような印象。

適正職種は別にして、性格の大まかな傾向は合ってそうです。

 

でた16種類のタイプは、下記のURLで日本語で記載がありますので、参考ください。

私はちなみに、ENFJでした。

*16種類の性格判断

*MBTI自分の性格が分かる

*16Personalities →日本語でテスト/分析できます。

*チームビルディングに役立つ!MBTI

 

とりあえず、今日の候補者は採用しました。

来年から新卒を採用するにあたって、多少の判断材料にしたいと思います。

 

しかし、候補者が最初に事務所に入ってくる瞬間、そして私が感じる印象。

おそらくそれは、日本人のお客様が感じる印象と同じだと常日頃から思っていますので、

そこは大切にしたいですし、自分の直感もそこに重きを置いているような気がします。

 

既存のスタッフも新規スタッフをOn the jobで成功したらポジションUPさせ、組織力強化していきます。